- 未分類

注文の方法

ウイッグ医療用かつらは既製品もあればセミオーダー、フルオーダーで購入することもできます。医療用かつらを選ぶときには既製品から選ぶのか、それともセミ、フルオーダーで造ってもらうのかということを考えなくてはなりません。それぞれの特徴について理解して入れば今後医療用かつらを選ぶシーンに直面したときも迷わなくて済むでしょう。

既製品はお手頃な値段の商品が多いですし、種類も豊富ですから選択肢の多さも魅力です。ただ、標準的なサイズを採用している商品がほとんどのため自分の頭部にピッタリのものを見つけるのは難しいかもしれません。セミオーダーはほとんど出来上がっているかつらから選び、それを自由にカットしてもらることが特徴です。頭に合わせたサイズ調整なども可能です。

フルオーダーは自分の頭にピッタリとマッチする医療用かつらを一から造ってもらえます。もっとも値は張りますが、その分満足いくかつらが手に入るでしょう。毛質や色合い、毛の量などもすべて要望に応えてもらえますから妥協したくない方にお勧めです。このように、既製品とセミオーダー、フルオーダーではできることも価格も変わってきます。医療用かつらを選ぶときはぜひ参考にしてください。

Pocket

- 未分類

素材で選ぶ

ショートヘアー

医療用かつらに使用されている素材は商品によってまちまちです。医療用かつらは高価という印象を持つ方も少なくありませんが、実際には使われている素材によって価格は大きく変わってきます。では、実際のところどのような素材が使われているのかということですが、一つには人毛が挙げられます。本物の人毛を使った医療用かつらは自然な見た目を実現できますし、もっとも人気があります。ただ、どうしても高くなりがちですからそこがネックと言えるでしょう。

人工毛のかつらは人工的に造られた毛を素材として用いた医療用かつらです。このタイプも比較的人気が高く、ぱっと見は普通の髪の毛に見えます。人毛素材に比べると安価ですし、そこが大きなメリットと言えるでしょう。耐久性は人毛よりも低いと言われていますがヘアスタイルの保持もしやすいため人気です。

ミックス毛を使ったかつらは人毛と人工毛のあいだくらいの価格設定をしている商品が多い傾向にあります。カットで自由にアレンジすることもできますし、ヘアスタイルの保持という面でもそこまで不満を感じることはないでしょう。とりあえず医療用かつらを試してみたい、という方にもマッチしているのではないでしょうか。最後に注文の方法について説明します。

Pocket

- 未分類

医療用かつらの選び方

かつらと聞くと薄毛に悩んでいる方などが着用するイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。確かにそれも間違いではないのですが、かつらには医療用のものもあります。現在ではさまざまな医療用かつらが販売されていますし、必要に応じて購入できるようになっていますから病気の治療でかつらが必要になったときなどは医療用かつらで日常生活を送ることも可能です。

抗がん剤そもそも、医療用かつらが必要になる時とはどんな時?と思われた方もおられるでしょうが、医療用かつらが必要になるシーンにはいろいろなことが考えられます。例えば、頭部を切開するような手術を受けた場合だと剃髪してしまうことが多いですし、そうなると治療後はしばらく髪の毛がない状態で生活しなくてはなりません。また、抗がん剤治療を受けたときなども髪の毛が抜け落ちてしまうことが多いですし、このような時に医療用かつらはよく用いられています。

冒頭でもお伝えしたように、現在ではさまざまな医療用かつらがリリースされています。今現在抗がん剤治療を続けられている方、手術で剃髪する必要があるためその後の生活のことを考えて医療用かつらを検討しているという方もおられるでしょう。ただ、いろいろなかつらが販売されているだけに選ぶのが難しいと感じている方が多いのも事実です。ここでは医療用かつらの選び方についていくつかご紹介しますから、医療用かつらについて検討されている方はぜひ参考にしてください。

Pocket